当サイトへの訪問、ありがとうございます。ひとつでも参考になればうれしいです。感謝(^_-)-☆

コードレスクリーナーを重心で選ぶ

コードレスクリーナーが売れています。

一番選ばれているのは、ダイソンですが、日本メーカーもいよいよ本気になって開発してきました。

早速、今日の本題に入りますコードレスクリーナーを選ぶといっても様々な観点がありますね。

吸い込み力が強いとか・・・電池持ちが良いとか・・・

そういったこともとても重要なのですが、コードレスクリーナー選びだからこそのポイントを書いてみたいと思います。

それは、重心をどこにおいて作られているか? ということになります。

ここでいう重心は、機能とかデザインといったことではありません。そのコードレスクリーナーの重量配分のことです。

この重量配分=重心がどこにあるか? を基準にして選ぶと、あなたにとって、とても使い勝手の良い一台になると思いますよ!

では、実際に重量配分で比較していきましょう。

コードレスクリーナーを使うとイメージして、グリップを握ってみましょう。今、クリーナーヘッドは真下に向いている状態です。

さあ、クリーナーヘッドを床につけて掃除をしてみましょう。

クリーナーヘッドについているパワーブラシが回転し、掃除進行中です。

おっと、少し大きめのゴミがあって、クリーナーヘッドで押してしまってます。すると、クリーナーヘッドを少し浮かせる必要がありますね。この時、前に重心があるタイプだと意外と重さを感じ大変です。

これに対して 手元重心のタイプだと、クリーナーヘッドをふかせることに抵抗がなく、機動力があります。

また 逆のケースで、フローリングの床しか掃除をせずクリーナーヘッドをふかせるような出要請もない場合先住真のタイプでも問題がないことになります

このように コードレスクリーナーの場合は先重心なのか
手元重心なのかによって、取り扱いがかなり変わってきますのでどの様の床をどのように掃除するのかによって選ぶべき機種が変わってきます。

先重心の代表的 なものは、エレクトロラックス社
手元重心の代表的 なものはダイソンになります

この記事を書いている2015年3月現在 日本の家電メーカーからもコードレスクリーナーが発売されるようになってきています
特に東芝は昨年から本格的にコードレスクリーナーを、販売開始していますので、ダイソンと比較してから購入すると良いと思います。