当サイトへの訪問、ありがとうございます。ひとつでも参考になればうれしいです。感謝(^_-)-☆

掃除機は、床ブラシで選ぶ。

(掃除機は吸込み仕事率だけでは選ばないこと)
掃除機を選ぶときに吸込み仕事率とかの数値ばかりに
目がいってしまう方って、多いですね。
(吸込み仕事率の選び方)
実際の掃除機かけでは、吸込み仕事率は、200Wもあれば十分です。

それよりも、床ブラシの性能によって、ゴミの取れ方は、
大きく変わってきます

まずは、知識として、下記に床ブラシの特徴を挙げておきます。
(掃除機 床ブラシの選び方)
床ブラシの種類は、4つのタイプに分けられます。

パワーブラシ(モーターでブラシを回転させるタイプ)
床ブラシの中にモーターが入っていて、
回転ブラシをそのモーターによってに回転せています。
じゅうたんの毛足のゴミなど、かき出して吸い取ることができます。
毛足の長いじゅうたんなどはこのタイプの床ブラシを選びましょう。
また、ペットを飼っている家庭にもぴったりです。

エアーブラシ(大型ファン駆動式エアーブラシ)
床ブラシ内部のファンを、吸い込むときの風の力と使ってタービンを回し、
その力が回転ブラシに伝わりゴミをかき出す動きをします。
パワーブラシに比べると、力が弱いです。

エアーブラシ(回転ブラシダイレクト駆動式)
床ブラシ内部の回転ブラシを、吸い込むときの風の力で直接回転ブラシを動かします。
ブラシは回転しているのですが、
力が弱いため、じゅうたんには適しません。

④一般床ブラシ
床ブラシの中に何も入っていません。
たたみやフローリングなら、このタイプでもいいと思います。
このタイプの床ブラシの掃除機を選ぶなら、
吸込み仕事率が大きいほうがいいでしょう。
なぜなら、このタイプのゴミの取れ方は、
床ブラシの性能に依存できないからです。