当サイトへの訪問、ありがとうございます。ひとつでも参考になればうれしいです。感謝(^_-)-☆

掃除機の選び方→サイクロン式の種類と特徴

掃除機の選び方→サイクロン式の種類と特徴

掃除機 クリーナーを選ぶときには、
まず初めに、紙パック式にするか、サイクロン式にするかをきめる方が多いと思います。

さて、
サイクロン式を選んだ場合ですが・・
サイクロン式にも大きく分けて、3つに分けられます。

その3つを説明する前に、
サイクロン式の原理を簡単に説明しておくと・・

吸い込んだ空気とゴミを、台風や竜巻の様な、
渦巻状の流れを作り出し、この流れから発生する遠心力により、
ゴミを空気の中から分離します。
そのゴミを集塵室に取り込む仕組みのものを、
一般的にサイクロン式クリーナーと呼んでいます。

さてこの遠心分離の能力から見て、
大きく3つに分類することが出来ます。

分類は下記のとおりです。

①ごくごく簡易的な機構の遠心分離により、ゴミを空気中から分離する方式です。
 実際は、遠心分離の効果というより、フィルタ効果で、集塵しています。
 価格、1万円台からありますが、排気の綺麗さを追求するのは、問題外です。

②ある程度の遠心分離能力のある空気の流れを作り出すことが出来、
 普通ゴミは、ほぼ完全に分離集塵できます。
 が、微細ゴミは、完全に分離できないことから、プリーツフィルター持ち、
 ここで微細ゴミを集塵します。
 このクラスになると、中高級機ですので、排気にも配慮されていて、窓を閉め切ったままで、
 掃除をしたい方には、このクラス以上をお勧めします。

③しっかりとした遠心分離能力をもち、フィルターに依存しないで、
 普通ゴミから微細ゴミまでを、集塵します。
 分離室は、円筒状で、透明ケースを採用していて、目で見ても、
 しっかりした遠心分離能力が、見て取れます。
 フィルターレスとアピールしていますが、全くフィルターを使っていないわけではありません。
 通常、2つのフィルターを搭載しています。

 空気清浄機並みの排気の綺麗さを追求するために、
 HEPAフィルターと呼ばれるのような高性能タイプが排気口に採用されています。
 ここの部分のフィルターは、メンテナンスはまず不要です。

 集塵室に近いほうに配置されている方のフィルターは、モーターを保護する目的です。
 こちらは、数年に一度位は水洗いするようなタイプが一般的です。 

 このように実際はフィルターを使っているわけですが、殆どの普通ゴミと微細ゴミは、
 遠心分離で取り除かれてしまいます。

 この本格的なサイクロン式クリーナーの最大の特徴は、
 吸引力の低下がなく、排気の綺麗さは、トップクラスです。

 ~~
 この方式を発売しているのは、
 ダイソン,東芝,三菱が、主だったところです。

 (2012/6月 現在)
 
 このタイプの最大の特徴は、