当サイトへの訪問、ありがとうございます。ひとつでも参考になればうれしいです。感謝(^_-)-☆

掃除機の歴史について

[販売員向け情報です]

掃除機の歴史についてまとめてみました。
接客時の話題としてお使いください。
そんな事まで知っているのかと、信頼を得られるかも知れませんよ。

問) 電気掃除機)の発祥地は?
答) 大正2年(1913年)スウェーデンで最初に生産されました。
(東芝の掃除機を選ぶということは、掃除機の歴史を選ぶこと!?)
問) 日本での第1号機はどのメーカー?
答) 昭和6年(1931年)に当時の芝浦製作所(現在の東芝)です。

問) 1号機の機種名は?
答) VC-A と言って、ほうき形をしていました。

問) 1号機の定価は?
答) 110円で当時の大卒の初任給の約2ヶ月分相当だったそうです。

問) 回転ブラシは何時頃から採用されたのですか?
答) 東芝は昭和53年(1973年)頃に
スティックタイプで採用され1980年頃よりキャニスタータイプにも採用されました。

問) サイクロン式クリーナーは何時頃、開発されたのですか?
答) 東芝は2000年に1号機を発売。機種名はVC-J1Xです。

問) 東芝は、掃除機をどこで製造しているのですか?
答) 現在(2012年)は主に中国の工場で製造しています。

問) 掃除機の種類にはどんなものがあるのですか?
答) キャニスタータイプ・スティックタイプ・
ハンディータイプ・セントラルなどあり、
最近はロボットクリーナーもシェアを伸ばしています。
一般的にはキャニスタータイプが主流です。

・・いかがでしたか?
今ではさまざまなメーカーが掃除機を作っていますが、
発売当時は随分と高いものだったんですね。

当時は掃除機というだけで、
価値が高かったのかも知れませんネ!