当サイトへの訪問、ありがとうございます。ひとつでも参考になればうれしいです。感謝(^_-)-☆

手間のかからない掃除機を選ぶなら・・

手間のかからない掃除機を選ぶなら・・

とにかく手間をかけずに掃除したいなら紙パック式掃除機をオススメします。

最近(今日は2015年3月)では、
サイクロン式の掃除機のほうが多く選ばれるようになっています。

家電メーカもサイクロン式のほうに力を入れていますね。
ダイソンの掃除機が人気になり、
ダイソンがサイクロン式を採用しているからという理由もありそうです。

サイクロン式のほうが、
なんとなく性能がよさそうに思っている方も多いです。
その理由を聞いてみますと、
かなり不確かな理由で、サイクロン式を選んでいるものです。

今日も、
ダイソンの掃除機は吸引力が強そうだから良いみたい・・との意見が聞かれました。
・・・ダイソンは、吸引力が強いなんて言っていませんよ・・!?
ダイソンは、吸引力がずっと変わらないとは、言っていますがね・・

実際の吸引力は、吸込仕事率200W位のものです。
紙パック式の掃除機は、500Wや600Wのものが多いです。
ところが、紙パック式は、ゴミが溜まるほどに吸引力が落ちてしまうから、
ダイソンは、そのようにはならないと宣伝しているのです。

いかに多くの方がこのあたりのことを勘違いしていることか・・
残念です。

そのような宣伝が功を奏してか、
日本国内の掃除機の販売総額(販売台数ではありませんよ)の
半分ほどもダイソンが占めているそうです。
ダイソンが如何に儲かる商売になっているか、
お解かりになると思います。

宣伝に惑わされないようにするのも賢い消費者ですが、
その前に、宣伝を正しく理解するそこが大切と感じます。

あなたはいかがですか、
先入観での思い込みって意外と多いものですよ。