当サイトへの訪問、ありがとうございます。ひとつでも参考になればうれしいです。感謝(^_-)-☆

快適な掃除機選びは省エネ性能抜きには語れない!

省エネ性能の選び方・・
3つのポイント 
少し高級機になると、省エネのための機能を搭載していて、
エコモードとか、 エコナビとか、各メーカーで思い思いの名称をつけていますが、 
何が本当に省エネなのか改めて考えてみましょう。 

そもそも、掃除機にとっての一番の省エネは、 
ゴミのあるところを必要最低限の吸込みで集塵できること ですね。 

これを忘れていて、省エネを実現したところで、
ゴミが取れなかったら何の意味もありません。 
(1)床の状態 
(2)ゴミの多い少ない
(3)ヘッドは床についているのか(掃除の最中か)?・・ 
 これらを総合して吸込み仕事率を最適にコントロールし、 
かつヘッドが床についてない状態のときはいち早く運転停止することが、 
究極に省エネにつながります。 

ただでさえ、掃除機の消費電力は大きいものです。 
エアコンに相当する消費電力です。

掃除機かけをしている間中、
ずっとモーターが強運転をしっぱなしなんてことになったら、
 無駄この上ありません。 

買うときは少々高くても、
 省エネ性能には、お金を払いましょうね。

 ----------------------------------------

たとえば、 東芝 VC-SG513 の省エネ性能は・・

◆発売日2013年9月

◆節電性能・・ecoモードを使うことで、下記のように節電します。
   ・ヘッドを持ち上げると6秒後に運転停止する「節電アイドリング機能」
   ・じゅうたん、フローリングなどの床面検知と最適なパワー制御
    ・ゴミの有無を判別する「ゴミ残しまセンサー」のパワー自動調節

という3つの自動制御で、省電力を実現しています。
ecoモー運転は、強モードに比べ、消費電力量は、約半分です。