当サイトへの訪問、ありがとうございます。ひとつでも参考になればうれしいです。感謝(^_-)-☆

サイクロン式掃除機の”フィルターがない”とはどういうことか?

サイクロン式掃除機の”フィルターがない”とはどういうことか?

最近では、掃除機の売れ筋がサイクロン式のものに移り変わっています。

ですが、一口にサイクロン式といって売られているものにも、
擬似サイクロンとでもいったほうがいいようなものも多数見受けられます。
擬似サイクロンは、擬似サイクロンと明言して販売すればいいようなものなのですが、
みんな一緒くたにして販売しているのだから、
一般ユーザーにとっては、迷惑なことだと思います。

さて、今日の本題ですが、
サイクロン掃除機はどんな方式だと認識していらっしゃいますか?
大方、下記のように思っている方が多いですね。

①紙パックがいらないから経済的
②吸引力が落ちない

①は、いいとして・・
②は、なぜか考えたことはありますか?

吸引力が落ちない~なぜ?→フィルターがないから・・
フィルターがないなら、排気は綺麗になってるの??

吸引力が落ちないというけれど、
吸引力が紙パックに比較すると低いんだけど~なぜ?

こういったことを知っていると、
用途にあった機種をえらびやすくなりますね。

ここでは、サイクロン式掃除機の
"フィルターがない"ということについて
しっかり覚えておいて欲しいと思います。

どの家電メーカーも、あえてアピールしませんが、
日本で販売されているサイクロン式掃除機は、
殆どがフィルターを使っています。
それも、ゴミを集塵するフィルターを使っているのです。

この集塵フィルターを使わず、
竜巻状の空気の回転運動で発生する遠心力だけで、
ゴミと空気を分離させ、ゴミだけを集める
"いわゆる本当のサイクロン式掃除機"は、
下記の3社が製造販売しています。

・東芝  ・三菱  ・ダイソン

さて、この3社のものは、"本当のサイクロン式掃除機"だから、
フィルターはない・・というわけではないのです。

正確には、"集塵フィルターはない"ということになります。
排気に関係する、"排気清浄フィルター"は、上記の3社全てが使っています。

当然ながら、排気清浄フィルターだって長い間には目づまりします。
その時には、排気清浄フィルターのメンテナンスに必要があるわけです。

本格的なサイクロン式掃除機は、
フィルターがないから、まったく目詰まりしないと覚えるのではなくて、
集塵フィルター部分が不要なほど、
遠心力でのゴミと空気の分離能力が高いから、
高性能で、吸引力が落ちないということになっているのです。