当サイトへの訪問、ありがとうございます。ひとつでも参考になればうれしいです。感謝(^_-)-☆

サイクロン式クリーナー(プリーツフィルターレス)が200W前後の理由は?

本格的なサイクロン式クリーナー(プリーツフィルターレス)が200W前後の理由は?

東芝とダイソンから発売されている本格的なサイクロンクリーナーについては、
目詰まりで吸引力を低下させる要因のフィルターがありません。

(ここでいうフィルターとは、集塵フィルターのことです。
排気口に設置されているフィルターは、排気をよりきれいにするためのものであり、
このフィルターがない機種は、ありませんので、勘違いしませんように・・)

つまり、本格的なサイクロン式クリーナーは、
低い仕事率でもそれ以上に低下することが無いため十分にゴミが吸い取れます。

(フィルタータイプの一般的なサイクロンクリーナーの場合は、
紙パック方式のクリーナーほどではないにしろ、吸込み力は低下してしまいます。)

そのためモーターを強力にし、多くの電気を使って高回転させる必要がないため、
消費電力も低く抑えるこっとができ、とってもecoな掃除機なのです。

いかがですか、サイクロンクリーナーにも、大きな差がでるものなのです。

«  サイクロン式クリーナー(プリーツフィルターレス)が200W前後の理由は?  »